ごあいさつ

施設長よりご挨拶

 昭和36年に出来上がった国民皆保険制度は、医療機関への受診を促進し、日本全国何処でも同じように、低い患者負担で高度な医療が受けられる優れた制度として、世界的にも高い評価を得てきました。その後、経済成長による生活水準の向上、公衆衛生の発展、感染症治療薬の開発、結核治療法の確立などにより、わが国は世界一の長寿国になりました。勿論、長寿は喜ぶべきことでありますが、急増する老人医療費を誰が、どう負担するかの問題、長期に亘る障害のある高齢者の医療と介護、即ち長期ケアの負担が家族内に極めて深刻な問題をもたらし、早期の解決すべき大きな社会問題となり、その解決のための一つの方策として医療と福祉の連携の下に新たな高齢者の介護システムとして、公的介護保険制度が運用されるようになりました。

 保険給付には在宅サービスと施設サービスがあり、当施設"ろうけん くがやま"は施設サービスの中の介護老人保健施設にあたります。介護老人保健施設は病状がほぼ安定期にあり、治療よりむしろ看護・介護やリハビリテーションを中心とする医療ケアと生活サービスを必要とする病弱で、寝たきりなどの高齢者(痴呆性高齢者も含む)を対象とした家庭復帰・療養機能を重視した施設です。サービス内容は入所と在宅に分かれています。

 入所サービスは、家庭復帰のためのリハビリテーション、療養に必要な看護・介護を中心とした医療と日常生活サービスです。
 在宅サービスは、在宅で療養している寝たきりの高齢者などを預かる短期入所ケア、半日程度預かるデイ・ケアでは、食事・入浴・リハビリテーションなどのサービスを提供しています。


社会福祉法人康和会
ろうけんくがやま 施設長
高橋 愛樹

 この様な役割を担う介護老人保健施設"ろうけん くがやま"は、病院から自宅への橋渡しを目的としています。"ろうけん くがやま"は、「社会復帰へのお手伝いとしてのリハビリテーション」「安らぎの療養環境の整備」「利用される方と介護スタッフが互いに信頼しあいながら、豊かな心の繋がりをもって生活すること」を基本理念とし、あくまでも皆様の考える杖となることを目標としております。

 充実した介護技術・精神を築き上げ、併設の久我山病院との連携を密にし、地域の皆様に安心してご利用頂けるようスタッフ一同日々精進し前進していく所存です。

end
このページの先頭へ戻ります